美食アート 映像アート マリアージュ
極上のフレンチwith
プロジェクションマッピング

※画像は開発中のものです

    ProjectionMapping

    2024年5月18日より、三井港倶楽部では屋内で楽しめるプロジェクションマッピングの
    演出を施したフレンチの提供を開始します。

    フレンチレストランでは珍しい、壁面・テーブルへのプロジェクションマッピングを
    使用した夢のような空間で、美食を堪能してみませんか?

    ※画像は開発中のものです

    机上を泳ぐ魚の影。四方に散りばめられた星々。
    おや?小さな先客が釣りを楽しんでいるようですね。

    ゆらめく水面のような幻想的な空間で、
    かわいい小人たちがその小さな体をめいっぱい使って
    お客様へとびきりのお食事をご提供します。

    Character

    キャラクター

    三井港倶楽部に住む 恥ずかしがり屋の妖精

    ミーケ

    ひとりの力はすごく弱いけど、みんなで力を合わせたら大きな船も運べちゃいます。
    料理も得意で、総料理長とは仲良しです。

    Overview

    概要
    • 販売メニュー

      ディナー 1 名様¥18,150(税込)〜

      予約はこちら

      • 1 回最大 48 名様まで。予約限定。
      • ランチでは、一部のコンテンツのみ体験いただけます。
      • ディナー時、演出をご希望にならない方は
        別室にてご案内いたします。

    ※画像は開発中のものです

    ここがすごい

    壁面への
    プロジェクションマッピング

    壁面マッピングでは、有明の間をキャンバスに見立て360度すべてに映像を投影します。
    まるで自分が映像の中に入り込んだかのような、圧倒的な没入感を与えてくれます。
    音楽や音響によって、さらに臨場感あふれる演出が可能です。

    ※画像は開発中のものです

    ここがすごい

    テーブルへの
    プロジェクションマッピング

    テーブルマッピングでは、飛び出す絵本のような
    立体感のある映像をテーブルに投影します。

    想像してみてください。
    目の前のテーブルが、光と映像で彩られた幻想的な空間に変身したら?

    まるで魔法にかかったかのような、ワクワクする体験をさせてくれるのが、
    テーブルプロジェクションマッピングです。

    ※画像は開発中のものです

    History

    三井港倶楽部の歴史

    三井港倶楽部は、明治41年に三井港の開港と同時期に誕生した迎賓館です。

    元は三井財閥の社交場、外国高級船員の宿泊接待所として活用されましたが、
    昭和62年に一般の方々へも公開されることとなり、当時の趣を残した優美な建物は結婚式場や
    レストランとして親しまれています。

    大牟田市指定有形文化財、経済産業省近代化産業遺産の指定を受けた三井港倶楽部は、
    開館100年以上経った今もなお県内外問わず広く愛されながら、歴史を刻み続けているのです。